ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

AmazonのiPadアプリ"ショーケース"は最高のUIと画像の描画の速さやネットストアの奥行き感を最大限に引き出している最高のネットストアアプリだ。



ショーケース - AMZN Mobile LLC

AmazonがiPadのアプリをつい先日"ショーケース"という名でアプリをリリースしました。
このアプリがとにかく出来がいい!
最高のUIと画像の描画の速さと優れた方法でネットストアの奥行き感を上手く表現している。

もともとAmazonのWEBで見るネットストアも非常にアルゴリズムというか、買い物やチェックした商品の履歴からうまくその人の欲しいようなものを表示する技術に長けていたけども。
iPadアプリではそれがさらによくなっている感じだ。


ショーケースの画面は↑のような感じだ。
特に何の変哲もない画面の様に見える。
左上にホームボタンとカテゴリーボタンが配置されていて、右上にはサインインしているユーザーの名前にメニューボタンとショッピングカートボタンが配置されている。


じゃあ何が凄いって?

まずは画像の描画の速さだ。
ショーケースは商品の表示は基本的に商品のアイコンで統一されて表示されている。
普通これだけの画像があるとページビューが重くなりがちで、回線の遅かったりしたら致命的だ。
だが、回線のスピードが1M程度あれば非常に快適に見ることが出来る。これは驚き以外のなにものでもない。

しかもだ!

ショーケースは今見えている画像部分以上に広い表示領域を持っているのだ。
どういうことかというと。

ショーケースは見えている画面部分以上に商品がある場合は矢印の方向にスワイプすれば、スルスルスルーーーーーって感じで隠れていた商品が現れてくるのだ。

今までWEBや他のアプリでは基本的に次のページへとかのリンクを辿っていくのが一般的だったが、ショーケースではそれがない。
カテゴリーバーが二段目に用意されていてそれで選んでいくだけである。


"次のページへ"がない事がこんなに快適に感じるなんて思わなかった。
これを可能にしているのは画像の描画速度だろう。
これがモタモタしていると快適どころかイライラが募るだけだ。
それにしてもAmazonの画像描画の速度は異常なほど早い。
どんな技術によって可能になったのかよくわからないが、とにかく凄い。

このアプリの快適な操作性と描画の速さを体験したら、もうWEBの世界には戻れない。
それほどの出来なのだ。

あらためて言う、Amazonは凄い!

何度でも言う。

Amazonは凄いiPadアプリを作ったぞっ!!!

ああそれと。
商品をタップすると詳細が表示されます。


タップすると最初に表示されるのは商品画像。


左横に表示されているメニューにて詳細や、


レビューや、


関連商品なんかが表示されます。
右側には誘惑の1-Clickボタンやカートに入れるボタンがあります。
なにか吸い込まれるような感覚さえ感じる操作性。本当によく出来ています。
iPadのショーケースアプリで快適に買い物出来るからって買い過ぎには十分気をつけましょうね笑

全期間の人気投稿