ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

cyproduct "iPhone case SE"の職人魂に惚れました!そして速攻ポチっとしちゃいました笑



以前からその存在は知っていたcyproductの"iPhone case SE"。
そのケースを深く知れば知るほど興味が湧いてきて、ついには惚れ込んでiPhoneケースをポチっとしました笑




ここ最近はケースを付けず裸で使用していることが多かったのですが、ケースの説明を読んでいたら是非ともcyproductのケースを使ってみたいと心の底から思いました。
ケースのデザインから製作まで一人の職人がしているというのもまた感心出来ます。
その職人さんは齋藤義幸さん。
ケース製作の机周りの写真を見ただけで、丁寧な仕事する人なんだろうなと想像出来ます。
こういう机周りの人大好きです笑

さてちょっと長い説明ですがAssist On 商品ページから"iPhone case SE"の説明文を抜粋させて頂きました。それが以下の内容です。

美しい大型の液晶ディスプレーと、これまでの携帯電話からは考えられなかった分かりやすく、シンプルな操作性。そして手のひらの中に包み込むことができる、柔らかな曲線をもった本体デザイン。そんなあまりにも魅力的なiPhoneのボディーを、カバーやケースで覆ってしまうのは勿体ない、とお考えの方は多いでしょう。

しかし操作中はともかく、ポケットの中やバッグに入れて持ち運んでいるときには、iPhone 本体をそのままの状態で放り込んでおく、というのは避けたいものです。

使用中は本体そのままで、しかし携帯時や収納時にはキズや擦れから保護してくれる。そして簡単な操作は収納したままできて、ケースからの取り出しもカンタン。できればちょっとした使用の時には、ケースの存在を気にせずiPhoneが使えること。そしてイヤフォンの収納もできたら。

そんな機能性を追求した結果、出来上がったのが、この「cyproduct "iPhone case SE"」。

iPhoneをあなたの毎日の生活の中で、しっかりお使いいただくために。ドイツ製の、世界最高峰といわれるWeinheimer Leder(ワインハイマーレーダー)社の製造するカーフ素材「グレイスカーフ」を使用。機能性と素材の良さを併せ持ったiPhone専用ケースができあがりました。


毎日の生活の中で、あなたの側にあって、どこにでも一緒にいるiPhone。そのための道具ですから、その使い勝手の良さと、操作性を邪魔するものであってはならない。そしてiPhoneの優れたデザインを損なうものではなく、むしろそれを高めて、美しい。素材の良いもの、きちんとしたカタチであること。これを両立することがテーマになっています。

まずその操作性と使いやすさ。iPhone収納時には、そのままの状態で本体側面の操作ボタンが使用できます。そしてもちろんイヤフォンマイクによる音楽の再生関連の操作、電話の応答も可能。マナーモードの切り換えなど、iPhoneを快適に使用するためケースに収納したままで、すばやく対応してくれます。

さらに使い勝手のために、前面ポケットを設けました。その機能は2つ。ひとつは、iPhoneの通話中、そして携帯時のApple純正のイヤフォンの収納場所として。ケースの両側面を握って撓ませることでポケットの空間が広がり、イヤフォンを収納し、落下しづらくなる構造にしてあります。

iPhone本体の使用中、抜き取ったケースの置き場所を探すのでは、困ります。メールの確認や、ちょっとしたアプリの操作など、iPhoneをちょっとだけケースから使用して、またすぐにケースに戻したい。そんな時には下の写真のように前面ポケットにiPhoneの本体下の部分を差し込んで使います。

そうすることでiPhone本体もしっかり手のひらに収まり、滑り止めの効果も発揮。片手でもしっかりホールドできるので安心してiPhoneの操作を行うことができます。ホームボタンにアクセスすることはできませんが、電車の中で立ったままでiPhoneを使う場合などに効果を発揮してくれるでしょう。

もちろん「iPhone case SE」はわずか52グラムと軽量で、横幅が8.5センチなのでシャツの胸ポケットにも収納が可能。iPhoneをしっかりご利用になりたい時にはケースから取り外してポケットなどに一時退避してお使いください。



今回、ケースの素材の表地に使ったのは、みなさんよくご存じのイタリアなど皮革製品のトップブランドが選んで使っている、最高品質のWeinheimer Leder(ワインハイマーレーダー)社の「グレイスフルカーフ」。

素材表面のシボ加工はたいへん上品で、手にした時の滑り止めの機能の効果にも貢献。ケース内側には、タンニンなめしのバッファローカーフ革を使用しました。なめらかさと柔らかさを持った仕上げの素材を使うことで、iPhoneの本体と液晶をしっかり保護します。

製造は、このケースのデザイナーでもある革職人の斉藤義幸が、一点一点、時間を掛け、丁寧に創り上げます。たとえば側面のコバの塗装は、焦げ茶色の水性塗料を薄く、3回も塗り重ねて仕上げたもの。

使い込むほどに落ち着いたツヤが出てきて、しっとりと手に馴染む柔らかさが生まれる最高の素材。そして最高の品質を目指しました。



ケースにiPhoneが入っている時には、不意にケースから飛び出さないように。そして必要な時にはすぐにケースから取り出せるよう。この矛盾する機能性を両立させる工夫があります。

ケースにiPhoneを収納している時には、革の張りと硬さ、そして金属の「かしめ」が共に働くことで、収納部分にテンションが生まれ、しっかりiPhoneをホールド。iPhoneを取り出す時には、ケースの側面を軽く手で握ってやることでたわみができ、ケースに出来た空間に指を入れれば、そのままするりとiPhoneが持ち上がります。





と少々どころか凄い長い説明ですが、商品に対する思い入れがヒシヒシと伝わってきます。
iPhoneケース一つとってもこれだけの説明があるケースは他に見たことがありません。
この説明を読んでみて、どれほどのケースなのかと興味が湧いたのは事実です。


それでもう自分を抑えきれず速攻ポチっとしました。
商品の到着は5月4日とのこと。
楽しみにその日を待ってみようと思います。

ちなみにケースはiPhone3G/3GSでもiPhone4でもどちらでも大丈夫なようです。
色はかなり豊富に揃っているようです。
ブラック、ダークブラウン、アクアブルー、インクブルー、レッド、そしてオレンジ。
筆者はオレンジを購入しました。








革製品のオレンジはとてもキレイな発色が出て好きなんですよね。
以前履いていたイタリア製の革紐靴もオレンジのものを持っていました。
今では底が磨り減ってメーカーでも修復不可能と診断されてしまったのでもう履けませんが、まだ大事に保管してあります。

このiPhoneケースも末永く愛用していけたらなと思いますね。
ほんとに到着が待ち遠しいです。

全期間の人気投稿

過去の記事一覧