ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

JAWBORNのBluetoothスピーカーJAMBOXがやってきた!ヤァヤァヤァ!意外なほど小さいボディーにパワフルな音質に驚き!


以前うちのブログでも紹介しましたが、JAWBORNのBluetoothスピーカーJAMBOXをとうとう購入しました。
ほんとはiPad2が発売したらまとめて購入ということを考えていたんですが、なかなかiPad2の発売日が発表されないのでスピーカーだけ先に購入しちゃいましたよ。

購入したのはブラックのモデル。ダイヤモンドブラックと命名されていることからもわかるとおりスピーカーの模様がダイヤモンドを模したパターンになっています。


まず最初の感想としてはスピーカーが思ったより小さかったこと。これは悪い意味ではなく、いい意味で驚きがあった。
そして思った以上に軽いということ。
スピーカーのサイズを把握出来ていなかったので重さも思ったより軽いと思うのは当然ですが、とにかく持ち運びするのに最適なサイズだと思います。


そして実物の質感に関してですが、上下部分は硬質ラバー。
これは手に持った感じが柔らかい印象になっていいです。
スピーカーメッシュの部分もしっかりと塗装されていて高級感があります。



ペアリングは簡単。側面のスイッチを5秒ほど上にあげていればアナウンスがコールされる。
ひとつ残念なのはアナウンスの声の大きさを調整出来ないこと。思った以上に大きい音が出るので恥ずかしいときもあるかも。

充電は付属のUSBコードで行う。
これも特に難しいことはない。付属のコンセントタイプかMacや外部バッテリーなどに繋いでの充電が出来る。
充電時間は90分で80%くらいまで急速充電して、それ以降はゆくっりとした充電速度になるようだ。
完全な満充電までは150分かかると説明書に書いてあった。

満充電で10時間の使用時間とのこと。
これはモバイル出来るBluetoothスピーカーとして十分な使用時間だと思う。
もちろん公証どおりの使用時間が使えるかは、これからのチェックが必要だが。

さて肝心の音質に関して。

まず思った以上に大きな音が出る。ただし最大音量だと音が割れてしまうので、実際には80%程度までが現実的に使える音量と思われる。
実際のボディーの大きさが小さめなことから、これだけの音量が出れば十分合格点だと思う。

そして音質は重低音が効いた映画やクラブミュージック向けのチューニング。
さすがに音の広がりに深さと緻密さはない。
ただパワフルで迫力あるサウンド感は出ているので十分楽しめる。
音質に関してはモバイルBluetoothスピーカーとしては上質な部類。
筆者は好感を持った仕様だと感じた。
もちろんもっと音質が良くなるにこした事はないが、モバイルBluetoothスピーカーでこれ以上音質がよかったら全てがBluetoothスピーカーで済んでしまうのでこのくらいでいいと思われる。

スピーカーは前面のみから音が出ている。
後面、側面から(全面メッシュしているのでどっちが前面、後面か分かりにくいが)は音は出ていない。
ただ意外にも後面、側面の音も意外にも聞こえる。
実際の使用は少ないかも知れないが、会議や友だちとの会話などをスピーカーフォンとして使用するときもこれで十分機能を果たしそうだ。

JAMBOXの一番の売りはBluetoothスピーカーとして持ち運べることによって、今までとは違うライフスタイルを築き、音楽や映画が今まで以上に楽しめる点にあると思う。
筆者はすでにiTunesホームシェアリングでかなり今までとは違った楽しみ方を実現しているが、iPhoneやiPadから直接音が出るのが気になっていた。

簡単にいうと、音が近すぎたのだ。

どうもTwitterやWEBサーフィンしているときに操作しているiPhone/iPadから直接音が聞こえるのが嫌だったのだ。
ちょっとうるさいというか、音が作業の邪魔になる感覚があった。
でもこれがJAMBOXの登場で大きく変わる。
スピーカーが自分の好きな位置に配置出来るのだ。
好きな場所に座り、好きな位置にスピーカーを置いて、好きなことを楽しむ。

これがどんなに素晴らしいことか想像してごらん?

ね?

楽しいさが倍増しないかい?

これだけでもJAMBOX買う理由に十分なると思うよ。

もしJAMBOXがどんな使用感なのかもっともっと詳しく知りたい人はThreeSmileのTwitterで連絡してきてくださいな。
速攻返事返しますよ!

全期間の人気投稿

過去の記事一覧