ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

iClickFXアプリを使ってiPhoneでFXを始めてます!



FXを始めてもう少しで1月ほどになろうというところです。
以前は外為オンラインを使ってトレードをしていたんですが、Macの環境があるところでないとトレード出来ないので急な相場の動きに対応出来なくて苦労してました。

なのでやはりiPhoneを活用したトレードをする方がいいなという結論に達してクリック証券のiClickFXアプリがなかなか使えるということを調べて先々週あたりから使い始めました。

アプリの完成度はお世辞にも完璧にはほど遠い内容ですが、一応の機能を備えていて見やすいレイアウトとグラフィックが気に入ってこれからのトレードは当面iClickFXアプリでのトレードになるだろうと思います。

ただし欠点がいくつかあるのも事実で、まずはマルチタスクに対応していなのでその都度アプリにログインする必要があること、そして使用途中でメモリー落ちすることが多いこと(特に注文途中で落ちるのがよくない)が問題です。
この辺がアップデート修正されれば最高なんですけどね。


基本画面。ログインするとまずはこんな画面表示になります。スリスマの最近のトレードはEUR/USDが多い(EUR=ユーロで、USD=アメリカドルのこと。ドルは豪ドルやカナダドルなどもあります)
円がらみのトレードはほとんどしなくなった。円がらみのトレードは力関係が読みづらいのでやめている。
他の人は違う印象があるかもだけど。


レートの部分をタップすれば、新規注文や決済注文やスピード注文さらにはチャートが選べる画面に切り替わります。
基本的には新規注文しか使っていない。



新規注文では注文方法が選ぶことが出来ます。筆者は今のところIFD-OCOでの取引きが圧倒的に多いです。
極たまに成行注文するくらいです。

トレードを戦略的に行うにはIFD-OCOが欠かせないと個人的には思っています。
これが出来ると出来ないとではトレードの成果に大きな違いが出ます。





ここ最近のトレード内容です。まだまだ損切りが甘く、大きな損失を出すことが多いのが修正点。これをもっと詰めて減らしていけば必ずや儲けを増やせるはずです。
今も毎日トレードの勉強や自分の取引きのを見直しています。


iClickFXのニュースはかなり見る頻度が多く、トレードの参考にさせてもらってます。
各ニュースごとにタップすれば詳しい内容が見ることが出来ます。


来週月曜日の主な経済指標・イベントカレンダーを表示しています。
筆者が最近気になるのはユーロ圏のニュース。経済指標も重要なんだけど、ユーロの不安定さを考えると要人の発言で相場が大きくこともしばしばあるので、そのあたりもよくチェックします。


iClickFXではそういった要人発言のニュースも細かく拾ってくれるので重宝します。


ニュース以外でも経済カレンダーも別にカテゴリー分けされています。


レートの一覧表示。あまり使った事ない。


iPhoneを横に傾けると今選択しているチャートが全画面で表示される。
筆者は常時表示させているのはEMAの20設定のみ。
他にもSMAやボリンジャーバンドや一目均衡表、オシレーター系だとMACDやRSIやストキャスティクスを表示させることが出来るが、iPhoneの狭い画面でたくさん表示させてもゴチャゴチャして使いづらくだけなので一つだけにしている。

長い時間トレードのポジションを持つときに、RSIを表示させたりしてトレードの終わりのタイミングをはかったりするくらいかな。

この辺はいずれ変わっていくと思うが、今のところはこの表示方法に落ち着いている。

とまぁiPhoneでトレードするとこんな具合です。
他のアプリも試してみたいけど、いちいち口座を開く手続きをしないとチャートも見れなかったりするので(iClickFXは口座を開いていない人でもチャート見たりは出来るのがよかった)iPhoneでのFXトレードを検討している人はまずiClickFXを使ってみることをオススメします。

さて来週のトレードのための戦略を練るかな。
もっともっと自分の思い通りのトレードが出来るようになっていきたいね。

全期間の人気投稿