ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

Mac OS X Lion実装予定のLaunchpadを先取りしたアプリ"QuickPick (Mac App Store)"



Mac OS X Lion実装予定のLaunchpadとはiPhoneやiPadのようなスタイルでアプリケーションを表示出来るアプリの事です。


そのLaunchpadの機能を再現したと思われるアプリがMac App Storeに出現しています。

それが"QuickPick"。
QuickPick - Araelium Group

筆者も早速ポチってみました。
そして一言。

快適すぎる。

この方法が今までなかったのか不思議でならない。まさにiOSからの恩恵だ!
iOSがなかったらこの方法は産まれてこなかったんだろうね。
呆れるほど単純なアプリなんだけど。
凄い快適でさらに快感である。
ついついQuickPickを使ってしまう。


QuickPickアプリを立ち上げるとこのようにアプリアイコンが並びます。
最初の立ち上がりの状態ではDockに入っているアプリが並べられるようである。


アイコンを追加したい場合はアプリケーションフォルダのアイコンをドラッグ&ドロップすればいいだけである。
もちろんアイコンの位置はあとで変更出来る。
ただしグリッドされているので、自由気侭な配置には出来ない。


左上の+のマークをクリックすると、


画面が下にスライドする。そうするとページ編集のためのドックが現れる。
このドックが出現することによりページを選択したり、


ページの名前の編集や、


ページを増やしたり減らしたり出来る。


アイコンの削除(Dockの扱いと同じようにアイコンが消えてもアプリが削除されるわけではない)は右クリックから出来る。

とにかくこのアプリはMac OS X Lionの機能の一端に触れることが出来る数少ないアプリだ。
もちろんMac OS X Lionで実装されるLaunchpadならもっと使いやすい仕上がりになってくるであろうけど、Mac OS X Lionを待ちきれない人は購入をオススメする。
このアプリを操作するだけでまた今まで以上にAppleの操作が楽しくなるよ!

全期間の人気投稿

過去の記事一覧