ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

埋もれてしまった優良iPhoneアプリを掘り返す!Simplenote編。アプリだけでなくブラウザとの同期もする付箋のようなメモアプリ。


Simplenote - Codality

Simplenoteは付箋。evernoteは手帳。

いつだったかTwitterのやりとりでSimplenoteevernoteの違いの説明を求められいろいろ細かな説明をしていて最後に出てきた言葉がこれだった。
この言葉が一番アプリの違いを簡潔に説明出来て、相手もこの言葉で納得してくれた。

そう!Simplenoteは付箋なのだ。

iPhoneのアプリの中には付箋アプリは数あれど機能が満載過ぎて手軽さがスポイルされてしまっている。
でもSimplenoteは余計なものがそぎ落とされていて立ち上げてすぐに書き込める。
evernoteだってすぐ書き込めるよ?反論する人もいるだろうが、いや全然違う。
同じようでいて全く違うのだ。

どういうことなのか実際の動作を写真で説明してみよう。

evernoteのiPhone上での動き。まずはオープニング画面からはじまる。

 次は新規ノートの選択画面。

そしてノートに書きこむ。しかも題名やらタグやら区分けの入力も必要な仕様。


今度はSimplenoteのiPhone上での動き。この画面でスタートして
右上の+ボタンを押して書き込める。

どう?かなり違うでしょ?
塵も積もれば山となるじゃないけど、これが何回も使ってると大きな差に感じるようになるんだよな。
もちろんこれは両者のアプリの性質の違いからくるからどちらが優れているというわけでもない。
はじめに書いたようにSimplenoteは付箋、evernoteは手帳なのだ。役割が違うアプリなのだ。確かに大は小を兼ねるとかいってevernoteだけ使うのもありだろう。
でもSimplenoteにはSimplenoteの良さがあることを理解して欲しい。

じゃあ書き込みがすぐ出来て同期が素早い?でもそんなに使うことないんじゃない?

とか言う人もいると思う。でもこれが非常によく使う場面があるんだな実は。
Simplenoteのもう一つの特徴はブラウザとの同期も常に自動で連携してくれている(ちなみにiPadとユニバーサルアプリ化されている)

つまりだ。もし自分のiPhoneのSimplenoteアプリに書き込んだメモやウェブサイトのURLなんかが特に面倒な同期作業しなくても、すぐに家のMacのブラウザから見れるんだ。

この連携が気持ちいいというか、iPhoneからMac(もしくはiPadでもWindowsでもだ)に作業が移った時にストレスがないのだ。

ブラウザだったら常に立ち上げているだろうし、Simplenoteをブックマークしておけばボタン一押しで事足りる。この一連の流れはほんとに素晴らしいと思う。

ただしだ。あくまでも付箋の役割を出ないアプリだということは重々に承知してほしい。
筆者は一番利用するのがURLの受け渡しだ。気に入ったサイトのURLをコピペして保存している。ブックマークするまでもないような記事とかサイトとかを書き込むのだ。
本屋とかで雑誌の立ち読みしている時、ちょっと気になるものを見つけてあとで検索したい時とかのメモでも使う。

iPhoneでその場で検索すればいいのに?

とか思うかもしれないけど本屋ではさらっといろんなものを見たいからいちいちその場で見るのをやめて検索とか意外に面倒なのだ。それに検索することがたくさんあると覚えてられないしw
そんな利用法が多いかな。

Simplenoteを利用してさらにiPhoneやiPadやMacをより便利に出来ると思う。ちいさなことかもしれないけれどほんとに便利なSimplenoteを使ってみて欲しいな。
販売開始!【2011年版】古布のスケジュール手帳











販売開始!【2011年版】古布のスケジュール手帳

価格:2,940円(税込、送料別)

全期間の人気投稿

過去の記事一覧