ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

ユニークなApple製品アクセサリーを探しているならオンラインショップB-SHOPがいいです!オススメはMacBook冷却台"インタークーラーGTX"



バード電子という産業用電子部品メーカーが運営しているB-SHOPというオンラインショップがユニークで実用的な商品がたくさんあってオモシロイです。

FXをiPhone/Macではじめてみよう!口座開設のためのIDとPASSが届きました。



以前から友だちがFXをやる、FXをやる、FXをやるとことあるごとに言っているのを聞いていたら、自分が興味持っちゃってはじめることになりました。

早速Webサイトで簡単な手続きと身分証明書のメール送付をした。
それで届いたのが↑。

中には口座開設手続完了のご案内やオンラインツールの利用ガイド等が入っていました。

ThreeSmileのiTunesチェック!4月8日編 バック・トゥー・ザ・フューチャーのデロリアンのサウンドを再現したアプリが完成度高し!



ダークナイト(字幕版)
バットマンシリーズの最高傑作!
もう何回観たのかわからないほど見ている。
今まで観てきたバットマンはアメコミをそのまま映画に無理やり詰め込んだ感じがして好きになれなかったが「ダークナイト」は別。
バットマンが現実に存在しているかのような錯覚を覚えるようなリアル感とジョーカーの寒気がするほどのキレっぷりが最高だ。
これはバットマンを好きでない人も一度は観てみるといい。食わず嫌いは損するよ。

いまを生きる(字幕版)
ロビン・ウィリアムズの主演作は数あれど、これほどタイトルが印象的な映画はない。
「先入観を捕らわれず自分の感性を信じ、自分自身の声を見つけろ」
という言葉を多くの日本人にブツケてやりたい。
もちろん自分自身に向かってもだ。

イエスマン
イエスマン "YES"は人生のパスワード(字幕版)
ジム・キャリーの映画っていつも爽快スッキリって感じだけど、この映画もご多分にもれず爽快スッキリな映画です。
いつものような笑いは多く無いけれど、いい脚本で上手く話が仕上げられているので飽きることはない。
どころかかなり楽しめる作品。ジム・キャリー好きなら観て損はなし。

コンセントとスピーカーが一緒になったようなデザインのiPhone/iPodスピーカー"WALdok :: Wall Plug-In Speaker/Charger for iPhone/iPods"



このスピーカー見たとき"なんだこれ?"って思わず言ってしまいました笑

"WALdok :: Wall Plug-In Speaker/Charger for iPhone/iPods"

スタイリッシュでオシャレなデザインなんだけど、なんかおかしさがあるというか。
日本人は絶対こういうデザインの商品は発売しないだろなと思った。
とにかく風変わりなデザインなのだ。このスピーカーは!
だってコンセントとスピーカーが一緒になったデザインなんだよ。
でもカッコイイんですよ。

結局カッコいいの?カッコよくないの?
どっちなんだっていう笑
まぁ百聞に一見はしかずなので、まずは写真を掲載するのでご覧ください。




タップして、斬って斬って斬りまくる爽快ゲーム!Mr.Ninjaが超絶楽しい。



Mr.Ninja - PONOS

iPhoneのゲームはシンプルなゲームで楽しいのがたくさんあるよね。
このMr.Ninjaもその一つ。

ゲームはアプリの説明にあるように簡単明快。

1.タイミングよくタップ!
2.エイリアンを斬る!
3.1匹も逃さず斬る!

たったそれだけ。

だけれどもタップしたあとにエイリアンを斬るんだけど、その斬ったときの効果音や忍者の動きがとても痛快な気分にさせてくれるのだ。

シュィン、シュィン、シュィン!!!

なんて感じで笑
こんなんじゃ伝わらないか。刀でエイリアンを斬るスピードが速くてみえない。
見えるのは刀の軌跡だけだ。
筆者もまだはじめたばかりだが、久々に夢中になって電車を乗り過ごしたほどだ(ほんと笑)

モノヅクリング!デジタルというサイトで評価版3次元CADとRP機を使い"俺iPhoneケース"を作った男の話。



"モノづくりスペシャリストのための情報ポータル - @IT MONOist"というサイトがある。その中にさらに"モノヅクリング!デジタル"というメカ設計に特化したページがあるのだが、そこで評価版3次元CADとRP機を使って完全オリジナルな"俺iPhoneケース"を作った男の記事を見つけた。
ただし記事は半年くらい前のだけど笑

ハッキリ言おう。iPhoneケースにここまでやる必要はありません笑

でもその心意気や男を感じさせるものがあって好感がもてる。
というかこんな人好きだっ笑

記事は3つにわかれています。

俺仕様なiPhoneケースを作ろう!(1)序章ーー昔取ったキネヅカで趣味なモデリング

俺仕様なiPhoneケースを作ろう!(2)3次元CADで”俺iPhoneケース"を作ってみた

俺仕様なiPhoneケースを作ろう!(3)実に最高!ついに実物となった俺iPhoneケース

以下に写真を掲載しておきます。
それを見て興味を持った方は是非とも記事を隅から隅まで読んでください。







 ↑
ここまでは3次元CADでのモデリング。





これは完成したiPhoneケース。
独創的な作りがナイスな逸品だ。
これはもう尊敬を通り越して呆れるレベルである(もちろん最大級の褒め言葉)

是非自分もやってみたいなと思っちゃいました。
実は昔CADならやったことがあるんだよな笑
CADでデータ作ったは、真鍮板とかワイヤーカットで切り出しとかしましたよ。

それにしてもここのサイトはモノづくりの記事がたくさんあって楽しい!
これからサイトの記事を読み漁ろうっと。

デジタルステーショナリー"stick"がもの凄い使い勝手が良さそう。iMac周りがスッキリ整理整頓出来る!



デジタルステーショナリーという製品はあまり好みのモノがなくてどれも興味を沸かなかったのだけれども、この"stick"という商品はなかなかに使い勝手が良さそうだ。





全期間の人気投稿

過去の記事一覧