ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

埋もれてしまったiPhoneアプリを掘り返す!Page Capture編。読み込んだWEBページの全画面をキャプチャーして写真保存出来るアプリ!



Page Capture - iysoft

iPhoneやiPadでスクリーンショットをよく使うんだけど、長いWEBページを上から下まで撮りたいときは何度も分割してスクリーンショットを撮影しなければいけなかった。
だけどPage Capture(iTunes)なら読み込んだページの全画面をキャプチャーしてくれる便利なアプリ。
例えばブラウザでサイト開いてスクリーンショットを撮影すると、スクリーン上に見えている部分だけ写真として保存出来ます。



しかしPage Capture(iTunes)なら↓画面には見えていない部分までキャプチャーしてくれる。

だからこんなに長いページでも読み取っちゃいます!


ねっ!地味に凄くないですか?

あまりにも地味なアプリなんで知っている人がほんとに少ないアプリです。
でもでも!これが使いようによっては非常に便利で重宝するんですよ!

ただし欠点もあって、あまりに長いページをキャプチャーするとiPhoneやiPadでは綺麗な画像で見れないことがあるんです。
だけどなぜかMacに保存し直したり、Evernoteにアップしたりすれば綺麗な画像で見れるんですよねー、不思議。
もしかしたらiPhoneやiPadの仕様であまり大きなサイズの画像はもともと見れないのかもしれないですね。そうじゃないと説明出来ない現象だし。

ただそれを差し引いてもかなり使えるアプリだと思います。興味ある人はよく検討の上ご購入ください。価格は¥230でiPhoneとiPadに対応のユニバーサルアプリです。

ちなみに使い方は非常に簡単。アプリをたちあげてカメラアイコンをタップするだけ。
たったそれだけでいいんです。


そうしたらこんな画面が出て、


あとは自動的に読み込んだWEBページのキャプチャーをカメラロールに保存してくれます。

注意点としてはWEBページをしっかりと読み込んでからカメラアイコンをタップすること。
WEBページの読み込みが中途半端なうちにキャプチャーすると途中までの写真が保存されるので気をつけましょう。

全期間の人気投稿

過去の記事一覧