ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

ネットの世界はiPad2のニュースで埋め尽くされた!iPad2ニュースまとめ。








もうどこもかしこもiPad2のニュースで持ちきり。

そう今日のAM3:00からiPad2の発表のため"Apple Special Event March 2011"が開催されました。

筆者のその時間に起きて様々なサイトやUstreamやらをチェックしながら楽しんでいました。
最終的にはUstreamでワンボタンの声の特番 Appleの発表イベント追いかけustを聞きながら、各サイトチェックするという形に落ち着きました。
ワンボタンの声は毎週火、木、土の週3回Podcastを配信していて、その内容もいつも素晴らしい出来です。興味のある方はリンクを辿っていってください。

驚いたのがスティーブ・ジョブズが壇上にあがりプレゼンに登場してきたところ。
イベント開催前までは健康上の理由からプレゼンは違う人がやるのでは?と噂されていたんですけど、元気な姿を見せてくれたのは嬉しい限りです。
一節によるとスティーブ・ジョブズはiPad2の発表には絶対自分自身でやると言っていたようで、スティーブ・ジョブズのiPadに込める並々ならぬ意気込みを感じるエピソードです。
これは噂だけではなく、本当のことなんでしょう。

Photo by Engadget Japan

さて肝心のiPad2ですけど、様々なサイトでまとめ記事が書かれているので筆者はそのまとめ記事をさらにまとめる事にしました。
数ある記事の中からさらに厳選して、今すぐiPad2の情報が欲しい人に向けたリンク集です。

まず外せないのがAppleのiPad2製品情報ページ。ネーミングは特に凝らなかったようすですね。それだけ製品そのものに自信があるという現れですね、きっと。

そして次に見るべき記事がTech Crunch JAPANのiPad 2実機のファースト・インプレッション!(ビデオあり)。やはり実機を触っているビデオが製品の出来が一番よくわかる。今回はなんといってもその薄さだろう。なんとiPhone4より薄いのだ。ただ残念ながら重さは思ったよりも削られていなかった。

Engadget Japaneseでは速報:アップル 新 iPad 発表イベントの記事をピック。昨日の発表の様子をリアルタイム更新してくれていました。他のサイトでも同じようにリアルタイム更新していたサイトがあったのですが、サーバー更新が途切れず常に最新画像を流せることが出来ていたのはEngadget Japaneseだけでした。

さらにEngadget JapaneseからiPad 2 にHDMI端子を拡張するDigital AV Adapter、iPhone 4や初代iPadでも利用可という記事。これは朗報ですね。というか今までなんでやらなかったんだと思いました笑とにかくiPadの使う幅が今まで以上に広がることになりますね。
特にビジネス方面で。

GIZMODO JAPANよりiPad2。発表されてないRAMの容量が気になる。の記事。これ本当に気になるんですがどうやら公表されていないようなんです。でもiMovieとか動かすからRAM容量は256MBからは増えてるだろうとは予想しますけどね。実際はどうなんだろ?
そういえばiPhone3GSの時もRAMの容量が公表されないから、あっちこっちでスキャンかけたりテストしたりで調べあげてた記憶があるな。今回も同じことが起きるかも?笑

さらにGIZMODO JAPANより高速Safari、ホームシェアリング。iOS4.3でできること。やはり一番はiTunesホームシェアリングが出来るようになることでしょうか?これも今までなんでなかったのか不思議な機能でした。でもこれが出来ることによってiPadを家の中で使う用途がさらに広がりを見せることになりました。つかもう家の中で常にiPadを持ち歩くようになるなきっと。

さらにさらにiPad2のカバーがアレに見える件。やはりお風呂カバーに見えちゃいますよね?昨日Twitterでもこのカバーが登場した瞬間お風呂の蓋だとTLが笑いの渦に。しかも色が水色だったのがさらに拍車をかけたと思う。それにしてもAppleはこれ狙ってやったのかな?だってMAC OSX Lionでも壁紙が富士山だったし、それにiPad2ではお風呂カバーとか笑これはもう日本の銭湯からインスパイヤされたに違いないな笑


といったところが主だった記事だと思う。まだ実機が発売されていないので基本的には発表会場での実機レビューしかないのが現状。Appleの直営店に即日展示されるのでは?といった噂も流れたが、それもまだ無しのようだ。是非とも早く実機に触れたいというのが多くの人が思っていることだろう。

iPad2は今回マイナーアップデート程度なのではと思っていたが、実際には完全なメジャーアップデートだった。見た目がそれほど変わったように見えないが、中身は恐ろしいほどに進歩している。とくにiMovieとGarageBandアプリの登場には度肝抜いた笑
こんなのがAppleから出たら他のアプリの売上に影響出そうなほどだ。
iPad2の先進性と製品としての完成度は誰の目にも明らかだ。
他のメーカーがどれほどがんばっても一瞬で全てをひっくり返してしまったな、というのが最初の印象だった。Appleの優位は当面動かないままだろう。
ただし7インチサイズのタブレットモデルは日本で生き残っていくチャンスがあるだろうと思う。電子書籍のビューワーとしてだけだけど。残念ながら他の面ではまったくiPad2に太刀打ち出来ないだろう。

とにかくだiPad2は買いだ。これに議論の余地はない。筆者は早速iPad2発売の”通知を受ける”に登録した。通知が来たら速攻ポチることをここに宣言します!

全期間の人気投稿

過去の記事一覧