ThreeSmileが気の向くままに綴る痛快ブログ

結局iPadでなにができるというのか?その3


結局iPadでなにができるというのか?その1もよろしく。

前回(結局iPadでなにができるというのか?その2)でiPadの優位性はビューワーとしての能力だということを書いた、これはもはや動かない事実である。

そしてiPadはそのビューワーとしての能力がまだまだ発展途上だということも明記しておきたい。

日本においてでの話ではあるが、iPadのアプリiBooksの展開は失敗してしまっている。
どこの出版社も軒並み専用アプリを作っているのが現状だ。
そしてその電子書籍アプリの劣悪な仕上がりには怒りさえも覚えるときがある。

いや確かに素晴らしいアプリもあるのだが、それは今まで名前も知らなかった小さな出版社だったり、作家主導の新しい試みだったりとまだ大手出版社から素晴らしいと思えるアプリなど一つも見たことはない。

なんだか本来先頭切って電子書籍を引っ張っていかなきゃいけないところがあるっきり手抜きアプリを出し続けている状況は日本の電子書籍の将来を暗く感じさせてしまう。

各出版社それぞれの思惑はあるのだろうが、そんなことは知らない、というか知りたくもない。
大手出版社のこの後手を踏む状態が様々な作家主導の電子書籍が生まれてくる土壌となっているのだろう。
みなもう待ってはいられないのだ。

だってiPadはすでそこにあるのだ。

この状況を劇的に変える電子書籍アプリがこの記事を書いているこの瞬間にも生まれるのを切に願うのだ。
iTunesで音楽を視聴してすぐその場で購入する、それと同じような体験が電子書籍でも出来るようにしてほしいものだ。
今の状況はほんとうに物足りないのだ。電子書籍はまだ発展途上だと、そしてその未来のかたちが現状ではそれほど豊かに感じられないということは何度でも書いて伝えたいことだ。
これはもちろんAppleにも責任はあるだろうとも思う。このままiBooksを放置していいものでもない。Appleにも次なる一手を期待したい。

とここまで電子書籍をこき下ろしたあとでなんですが、電子書籍の可能性そのものはまったくもって否定していないのでそこは間違えないように笑
むしろ電子書籍の未来を潰しかねない現状に嘆いているだけですので間違えないように。

ちなみに電子書籍iPadの電子書籍の定義は非常に広いものになっている。それはiBooksを使わないでアプリによってリリースされているのものばかりだからだ。

iBookで使われているePUBはまだ日本語を上手く表現するフォーマットに仕上がっていないようだ。これが一つ日本でのiBooks展開が遅れている理由かと思う。
そして、現状はアプリでないと表現できないようなリッチなコンテンツが好まれているのもあるかなと思う。
ePUBだと現実にある本をそのまま仕上げるのに適しているが、動的なコンテンツは入れることが出来ない。
これはまだiPadのコンテンツに内容そのものよりも、新しい電子書籍を切り開く救世主のような役割りを課せられているような気がする。

iPadの機能を十二分に生かしたコンテンツが必要なんだと、どこもかしこも強迫観念のように思っているかもしれない。

筆者はこの辺はもっと割り切っていいのかなと考えている。確かに動的に素晴らしいコンテンツを盛り込んだアプリでなくとも記事の内容とiPadに最適化されたレイアウト組した電子書籍があれば十分売れると感じている。
まぁもしかしたら素人考えなのかもしれないけどもね。

でも実際にいろいろな出版社が電子書籍リーダーアプリを出しているが、問題になるのはだいたいにおいて雑誌で売られているレイアウトをそのままiPadに持ってくるような愚鈍さにあると思う。
もしくは派手な操作性を意識しすぎて重く、使いづらかったりするのが問題だと思う。

それはとにかくやめて欲しい。そんな中途半端なものは正直電子書籍の未来を暗くするだけだ。

やはり出版社から電子書籍を出すのならプロのプライドを持ったものを出してきて欲しい。
iPadに最適化されていない、ただ本をスキャンしたかのようなものなんて読みたくはない。
やはりiPadのためにレイアウトを無見直し、紙以上の快適さを追求した電子書籍が欲しいのだ。

そう!忘れてはいけないのは紙以上に快適に読めるということだ。

iPadという素晴らしい端末を生かせる操作性を実現して欲しい。派手さは必要ではない、心地よい操作感があればいいのだ。
とにかくこれ以上失望させないで欲しいな。



いかん長くなった笑

なにか同じことを延々繰り返しはじめたので電子書籍についてはこのへんで終わります。
また違うところでつらつらと書くことでしょう。

iPadは電子書籍だけではありません。快適なのはWebもそうですし写真を見ることも非常に楽しい。

電子書籍、Web、写真がiPadを使う上で中心となる使い方と言えるでしょう。
忘れていました、さらに動画や映画の視聴も快適でどれも時を忘れてしまうような体験が出来ます。

動画についてはAir Video(iTunes)というアプリでMac内の動画が視聴出来ます。
これがもう素晴らしいアプリ。MacとのWi-Fi接続で待ち時間など一切なく動画が見ることが出来るのはアプリを使った当初とにかく感嘆の声をあげたものです。

そして映画については去年の暮れからiTunesで映画のレンタルや購入が出来るようになりました。
コンテンツのタイトル数は正直まだまだ未熟ですが、あと半年もすれば見違えるようなラインナップを見せてくれるでしょう。

筆者はすでにいくつものレンタルを経験しています。
Macの大きなスクリーンで見る時もあるんですけど、気がつくとiPadに転送して好きなソファに転がって好きな姿勢でゴロゴロ観ています。
それに映画観ながら飲みものを取りに行く時だってiPadを持ちながらキッチンへ、飲みものを作りながら映画を観てさらにはつまみ食いもしたりとやりたい放題です笑

iPadのいいところは持ち歩きが出来ること。自分の家で好きなように観れるのはほんとなにものにも変えがたい体験であることは間違いないです。

〜さらにまだまだ続きます。でも次が最後です。最後はゲームアプリ編〜


❖追記この記事は1〜4まであります。

Air Video - Watch your videos anywhere! - InMethod s.r.o.

全期間の人気投稿

過去の記事一覧